もはや芸術⁉︎robotimeのウッドパズル【気球】を作ってみた!

組み立てキット

どーも、さるちーです。

最近、つくるんですのrobotime(ロボタイム )シリーズから新作が続々登場してますね。

ハマっている私にとって3Dウッドパズルコーナーを眺めるとワクワクしてきます。

で、ついつい買っちゃいます(笑)

 

ということで今回はこちらを組み立ててみました↓↓

 

HOT AIR BALLOON(気球)

TG406

 

難易度:★★★☆☆

PCS:140

対象年齢:12歳以上

組み立て完成サイズ:155×104×208mm

 

パッケージ見るだけで、球体の美しさが何とも言えない。

 

では、早速組み立てていきます!

 

robotime「気球」の組み立てレビュー

開封

パズル板4枚、組み立て説明書、紙やすりが入っています。

今回は140ピースと少ない方ですが、大きなパーツやアーチ状のパーツが多く、割とゆとりがあるパーツ配置になってます。

 

組み立て

風船部分の組み立て

3つの円形パーツにアーチ状のパーツをはめ込んでいきます。

 

こんな感じで、下2枚は大きいやつ、上は小さなやつを同時に。

取り付け位置やアーチ状のパーツも3種類あるので注意してね。

 

何だかカゴを編んでる職人さんみたいな気分になります。

2本を残し、一旦テッペンを旗で留めます。全部付けると手が入らなくなりますよー。

けっこうカタイし、細いパーツなのでご注意をー!

と思ってたら、

 

折れました…

(オワタ)

仕方ないので木工用ボンドで補修します。

 

無事、計16本の骨組みが終わりました。

 

続いては風船に装飾を施していきます。

こんなパーツをたくさん付けていきます。

この辺は比較的スムーズに進みます。(パチっと入るところと多少カタイところはありますが)

 

だいぶそれっぽくなってきた。

 

それにしても、カゴに風船付けて飛んでみようなどと誰が考えたんだろう。

 

さるちー
さるちー

暖かい空気は冷たい空気より軽いっちゅうことや。

 

カゴ部分の組み立て

カゴのパーツは曲がるように切り込みが入っています。

気持ちいい…

 

最後に、風船パーツとカゴパーツを合体させれば完成となります。

 

風船部分を乗り切れば割と簡単でしたが、完成するまで3時間ぐらいかかりました。

 

完成!

童話に出てきそうなファンタジー感満載の気球です。

もはや芸術作品!

 

台座代わりの雲がいい味だしてます。

 

後ろから見てもバランスのいい形。

 

本当に空を飛んでいるみたいでクオリティ高いです!

 

細かいところも隙がない。

アンティークオブジェですか?

いいえ、パズルです。

 

上から見るとドーム型がキレイ!

 

対称に近い形だからどこから見ても「おぉ、スゲー!」となる。

 

以上、3Dウッドパズルで作る「気球」でした。

 

まとめ

今回は、つくるんですのrobotimeシリーズから3Dウッドパズル【気球TG406】を組み立ててみました。

自分で作るから完成した時の感動がすごく楽しめますね。完成度も高いので、部屋の飾りとして置いててもカッコいいと思いますよ。

ぜひチャレンジしてみてください!

 

今日はそんな休日でした、

また。

 

 

コメント