Robotime3Dウッドパズル【観覧車TG401】をつくってみた!

組み立てキット

どーも、さるちーです。

今回は、Robotime(ロボタイム)シリーズから3Dウッドパズルを作っていきます!

これまでグランドピアノ、飛行機と作っていますが、この工作はやり出すとハマりますね。

ロボタイムのつくるんですシリーズはたくさん種類があるので、休日の楽しみとして少しずつ製作していこうと思っています!

 

ということで、3作目はこちら↓

 

『FERRIS WHEEL(観覧車)TG401』

 

難易度:★★★☆☆

PCS:120

対象年齢:8歳以上

組み立て完成サイズ:155×62×165mm

 

雑貨屋でディスプレイされている観覧車を見て、ちょっと難しそうに見えましたが、難易度は普通でピースも割と少なめですね。

 

それでは、作って行きます!

 

Robotimeの観覧車を組み立てレビュー

開封すると4枚のベニア板でできたパズルピースが入っています。

パズルといってもこんなやつ→🧩じゃなく、切り込みに差し込んだり、穴に差し込んだりして作っていく立体パズルになっています。

 

観覧車の製作

まずは、観覧車の枠を作っていきます。

枠が細いので折れないように慎重に。

 

枠が出来たら脚を取り付けていきます。

十字の向きと留め具はしっかり奥まで差し込んでおきます。

ここまでできるともう観覧車です。

 

続いてゴンドラの製作。

このリンゴのようなゴンドラを12個作っていきます。

ピースが小さいし、同じ作業の繰り返しになります。

 

ゴンドラができたら観覧車に取り付けていきます。

あとは台座に取り付ければ完成です!

 

観覧車完成!

正面から

製作時間は2時間ぐらいでオシャレな観覧車が出来ました!

 

観覧車は、手で回すとクルクル回せるし、ゴンドラ自体もプラプラ揺れます。

 

横から

ベンチや街灯が雰囲気を演出していますね。

 

後ろから

観覧車は表裏がないので360°どこから見ても楽しめます。

 

あまりピースもあります

一部のピースは余分に付属しているので、無くしたり、折れた時にも安心ですね。

 

まとめ

今回は、Robotimeの3Dウッドパズル『FERRIS WHEEL(観覧車)TG401』を作ってみました。

製作は見た目より簡単でしたが、完成品はやっぱり凄いですね!

部屋のインテリアにはすごく良いので飾っておきます。

 

ぜひ、Robotimeの3Dウッドパズルにチャレンジしてみてください!

 

次は何作ろうかな?

今日はそんな休日でした

また。

 

 

メリーゴーランドも作ってます↓↓

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
組み立てキット
さるちーをフォローする
スポンサーリンク
ブログかじり虫

コメント