福岡の離島『能古島アイランドパーク』に行ってきた!感想とか

家のできごと

どーも、さるちーです。

5月に入り、ゴールデンウィーク真っ只中。

天気も良いので家族でお出かけしようと選んだ場所は、能古島アイランドパーク

福岡市からフェリーに乗って気軽に船旅を楽しめる人気スポットになっています。

 

いざ、福岡の離島

能古島へGo!

 

能古島アイランドパークへのアクセス方法

能古島は福岡県の博多湾にあり、道が繋がっていないので、フェリーでの移動になります。

といっても、10分程の船旅なので「ちょいと能古島まで行ってくるわ」という感覚で行くことができます。

 

まずは、姪浜旅客待合所(姪浜渡船場)に行きます。

 

姪浜渡船場までのアクセス方法

住所:福岡市西区愛宕浜3丁目1-1

電話:092-881-8709

 

・地下鉄なら「姪浜駅」で下車後、西鉄バスに乗り「能古渡船場」で下車

・西鉄バスなら博多駅のバスセンターや天神バスターミナルから「能古渡船場」で下車(約30〜40分)

・車なら福岡都市高速「福重・天神方面」に進み「愛宕ランプ」で下車後、約10分で能古渡船場へ

※渡船場横には1日500円の立体駐車場があります

 

 

姪浜渡船場から能古島へのアクセス

能古島行きのチケットを買い、フェリーに乗船します!

 

船の料金

大人:230円(片道)

子供:120円(片道)

 

電車やバス並みに安いです。

別料金ですが、車や自転車も載せることが可能です。

普段は、1時間に1便が出港していますが、今はゴールデンウィークなので臨時便が出ていましたよ。

 

乗り過ごした場合や、ちょっと贅沢したい方は、海上タクシーなんてのもあります。

海上タクシー料金

大人:500円

子供:300円

 

能古島までわすか5分程で到着します。爽快な船旅や思い出に利用する方も多いようです。

 

能古島まで10分の船旅

ヤフオクドームや福岡タワーなどの福岡の景色を眺めながらの船旅を楽しめます

 

4歳の息子は初めての船だったのでちょっと緊張ぎみ。

 

あっという間に能古島へ到着!

そのまま目の前のバス停から「能古島アイランドパーク」へ移動します。

 

バスの料金

大人:230円(片道)

子供:120円(片道)

 

まさかのフェリー代と同じです(笑)

 

能古島ってどんな島?

博多湾の真ん中にあり、南北3.5km、東西2km、周囲12km、面積3.93k㎡、人口約800人の、海に囲まれた、緑豊かな自然と歴史に恵まれた美しい島になっています。

その歴史は古く、奈良時代には防人が置かれ、万葉集にも謳われているようです。

自然や歴史を巡る散策コース(一周約8.5km、所要時間4〜5時間)も楽しめるそうです。

 

能古島アイランドパークに到着!

バスで山道をクネクネ揺られること約15分、能古島アイランドパークに到着しました!

おめでたいことに50周年アニバーサリーらしい。

 

能古島アイランドパークの入場料金

大人:1200円

小中学生:600円

幼児:400円(3歳以上)

 

絶景を眺めながら昼食タイム

到着したらお昼になっていたので桜の丘で博多湾の絶景を眺めながらのランチタイム

残念ながら桜の時期ではなかったけど、芝の上で弁当を食べました!

手ぶらで行っても、レストランや名物の能古うどん屋、バーベキュー会場などもあります!

 

能古島アイランドパーク園内散策

お花畑やアスレチック公園、芝生広場やレトロな街並み、さらに動物までいます

 

広いので適当に散策します!

 

ロープスキー

すぐ近くにロープスキーがあり、子供と一緒に遊びました!

 

ロープスキー料金

15分:200円

 

丘にロープがはってあり、初級、中級、上級と3つのコースが遊べます。

これに座って丘を下っていきます

草スキーの様な感覚ですが、めちゃくちゃ面白いです!

 

色とりどりのお花畑が沢山あります

とにかく花が多いです!

季節ごとに色んな花が楽しめるようです。

今は春なので、たぶん鮮やな方だと思います。(花は詳しくない)

 

昭和のレトロな街並みを楽しめます

思い出通り

ここは昭和の古い街並みが軒を連ねています

至る所に、昭和レトロ感のあるものが多いです。

少しだけ紹介します。

 

三輪の車

トトロに出てきそうなやつです

座って記念写真もOKです

 

電話ボックス

たぶん、これもトトロに出てきたやつ

 

井戸

水は出ません

 

カマドや囲炉裏

日本昔話のような雰囲気です

 

お土産屋さんや陶芸体験などもあり、文化財的な建物を眺めながら昭和感を満喫できます。

令和になったばかりですが、ここだけ昭和のまま時間が止まっていますね。

 

芝生の広場

芝生広場の奥には、絶景をバックに広大なお花畑が広がります

 

アスレチック公園もあり、子供はずっと遊んでいました。

他にも色々行きたいんだけど…

 

防人の痕跡、烽火台跡

大昔の灯台でしょうか?

日本書記に、「天智3年、対馬、筑紫国等に防人と烽火台を置く」とありますが、その所在地は不明らしい。

能古島の場合は、万葉集でも防人の存在が明らになっているのでこの場所で間違いないようです。

 

ハイジになれるブランコがあります

海に向かってブランコに乗ればハイジになれます

超気持ち〜!

 

まとめ

帰りの船を逃すと島に取り残されるので、夕日を見ながら能古島に別れを告げました。

以上、福岡県の能古島アイランドパークの紹介でした!

のんびり過ごしたい方は、キャンプ場やコテージもあり宿泊もできますし、美しい自然と歴史が残る福岡の離島「能古島」に遊びに行ってみてはいかがでしょうか。

 

今日はそんな休日でした

では。

 

コメント