ナノブロックレビュー『ドラえもん』と『どこでもドア』をつくってみた

カワダ

どーも、さるちーです。

今日は、最近気になっていた世界最小級ブロックnano block(ナノブロック)を作ってみようと思います。

色んな種類があって迷いましたが、作るのはI’m Doraemonシリーズ『ドラえもん』と『どこでもドア&スモールライト&タケコプター』にしました。

 

こちらです↓

箱の正面はキャラクターのイラストになっていてとてもシンプルですね。

どちらも対象年齢は12歳以上になっています。

そもそもナノブロックは5mm程度の超ミニサイズなので、どちらかといえば大人が楽しみやすいブロックですね。

では、早速組み立てていきます。

 

ドラえもん(NBCC_036)組み立てレビュー

 

22世紀からやってきたネコ型ロボット

好きなもの:どら焼き

嫌いなもの:ネズミ

PCS:270

難易度:★★★☆☆

 

という詳細になっています。

 

 

開封してみた

箱を開けると、青、白、赤、黄とドラえもん色のブロックパーツが小分けにされて入っています。

他にも茶色やクリアブロックもあります。

 

ドラえもんの組み立て

パーツごとに組み立てていきます

 

胴体

下から積み上げるように組み立てていきます

胴体が組みあがると、4次元ポケット、首輪、鈴とドラえもんらしくなります

 

足は短いだけあって、ブロック数は少ないです

 

頭部

頭部は球体なので少し難しそうです

ここからドラえもんの顔になっていきます

 

3、4段目になると、口や舌が出てきます

 

半分を過ぎると、だいぶ立体感が出てきました

段差で球体感を出していきます

 

目や鼻、ヒゲを付ければドラえもんの顔になります

ヒゲは黒じゃなくクリアブロックなんですね。白ひげに見えます。

 

そして、各パーツブロックを合体させます。

 

ドラえもん完成!

正面から

ボク、ドラえもん

(どら焼き付き)

 

一応、ドラえもんに見えますね。

黒ひげだったら顔が隠れるので、クリアブロックで良さそうです。

 

横から

立体感は出ています

ドラえもんと言えば二頭身です

 

後ろから

シッポもあります

ブロック感がにじみ出ています

 

 

以上、ナノブロック『ドラえもん』でした

ちょっと苦戦したので組み立て時間は20分ぐらいかかりました。

 

どこでもドア&スモールライト&タケコプター(NBCC_038)組み立てレビュー

 

どこでもドア:行きたい場所を思い浮かべて開けるとその場所に移動できる

スモールライト:光を当てたものを小さくする

タケコプター:装着すると飛ぶことができる

PCS:220

難易度:★★☆☆☆

 

という詳細になっています。

 

 

開封してみた

こちらも小分けにされていますが、ほぼピンクブロックです。

長方形のものと小さな正方形のものが多いですね。

ピンク以外はスモールライトとタケコプターのブロックのようです。

どこでもドアの組み立て

ドアの土台から作ります

クリアブロックは転倒防止の役目ですね。

 

レンガを積むようにブロックを組んでいきます

 

ドア枠のブロックは小さいし、何段組んだかわからなくなりそうです

 

ドアの部分は別に作ります

こちらもレンガを積ように、ひたすら同じ手順の繰り返しです。

 

どこでもドア完成!

正面から

どこでもドアになりました

スモールライトとタケコプターは数パーツでできます

 

もちろんドアなので開閉します

かなり薄くドア枠はすぐ歪むので慎重に開けましょう。

 

タケコプターとスモールライトは、装着可能です

 

ドラえもんはギリギリ通れます

狭いな…

 

 

以上、ナノブロック『どこでもドア&スモールライト&タケコプター』でした

単純作業で簡単だったので、組み立て時間は10分ぐらいでした。

 

まとめ

今回は、世界最小級ブロックnano block(ナノブロック)で、『ドラえもんNBCC_036』と『どこでもドア&スモールライト&タケコプターNBCC_038』を組み立ててみました。

 

黙々と作業するのが好きな人は面白いと思いますよ。

ぜひチャレンジしてみて下さい!

 

今日はそんな休日でした

では。

 

 

 

プラモデルのドラえもんも作っています↓

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
カワダ ナノブロック
さるちーをフォローする
スポンサーリンク
ブログかじり虫

コメント