フィギュアライズスタンダード【超サイヤ人4孫悟空】を組み立ててみた

フィギュアライズ

どーも、さるちーです。

今回はFigure-rise standard(フィギュアライズスタンダード)ドラゴンボールGTから「超サイヤ人4 孫悟空」を組み立てたのでレビューしています。

 

フィギュアライズスタンダード「超サイヤ人4 孫悟空」のレビュー

超サイヤ人4 孫悟空

サイヤ人のパワーを極限まで引き出した最強モード。大猿に変身して理性を保った超サイヤ人だけが変身できる。赤い体毛と黒髪、冷静で好戦的な性格が特徴だ。大猿が力のベースなので、本来はブルーツ波を浴びないと変身できないが、悟空は特異体質らしく自由に変身できる。

説明書の解説はこのようになっています。

 

以前、「超サイヤ人4 ゴジータ」を組み立ててみたものの、やっぱりフュージョン前の悟空とベジータも欲しくなりまして。。

と言うか、フュージョンポーズをさせたくて。

というわけで孫悟空から組み立てます!

※この記事は超サイヤ人4孫悟空のみの組み立てになっています。

 

組み立て

開封

ランナー8個、組み立て説明書、シールが入っています。

 

頭部の組み立て

このようなパーツ構成です。

 

髪はいくつものパーツを重ねることでボリュームが出てきます。

顔もパーツを重ねていくとシール無しでリアルな顔が出来上がります。

 

表情は2種類。

右の顔の口のみシールだが、それ以外は全てパーツで色分けされています。

目のフチの赤いラインとか特に凄いですね。

 

ボディの組み立て

このようなパーツ構成です。

 

超サイヤ人孫悟空みたいに3つに分かれた構成でなく、肩まわりは割とシンプルなタイプ。

 

赤いゴリラみたいになります。

大胸筋が凄い!さすがマッスルビルドシステム。

 

右腕・左腕の組み立て

このようなパーツ構成です。

 

ひじ関節は長穴でのジョイントなので引っ張るとカチッとなり、伸ばすこともできます。

 

ハンドパーツは3種類。

グー、かめはめ波用、フュージョンポーズ用があります。

 

右脚・左脚の組み立て

このようなパーツ構成です。

 

超サイヤ人孫悟空のやつに似てます。

構造や色といい、同じかもしれませんね。

 

完成するとこんな感じです。

 

腰部の組み立て

ここはサクッと。

サイヤ人ならではのシッポは2パーツでの構成になっています。

 

各パーツが揃ったので合体させれば完成です!

 

付属品

 

・かめはめ波(溜め)

・かめはめ波

・かめはめ波用台座

・アクションベース差し込みパーツ(※アクションベースは別売り)

フェイスパーツやハンドパーツは上記で紹介したやつです。

 

ちなみに余りパーツ↓

孫悟空の道着らしきパーツなのでオレンジ色のパーツの一部は兼用みたいですね。

 

それでは完成した超サイヤ人4孫悟空を見てみましょう!

 

超サイヤ人4 孫悟空 完成!

カッコいいとしか言えません。

ウエストが細いような気がしますが、上半身の筋肉質な体型や肌と赤毛の境目などクオリティ高いですね。毛の質感や服のシワなどもしっかり再現したプラモになっています。

下半身は、靴やシッポの違いはありますが、超サイヤ人孫悟空とほぼ同じとだと思います。

 

「今度のオレは、ちょっと強ぇぞ。」

 

顔はもちろん似てます!

素組みでこの完成度なら問題ないでしょう。

 

アクションポーズ

パンチ

キック

腕や脚はしっかり曲がるので問題なくポーズができます。

アクションベース(別売り)を使えばポーズの幅が広がるので1つは持っておきたいところ。

 

かめはめ波(溜め)

付属品のかめはめ波(溜め)エフェクトを使います。

首は、髪の毛が邪魔して回らないので一度外してから好きな角度に取り付けます。

 

かめはめ波

付属品のかめはめ波エフェクトと台座を使います。

 

とりあえず箱のポーズ。

 

ベジータはまだ作ってないので、フュージョン用の人差し指パーツを使い適当なポーズ。

 

まとめ

今回はフィギュアライズスタンダードより「超サイヤ人4 孫悟空」を組み立ててみました。

素組みでも十分楽しめるし、関節が可動するので好きなポーズでディスプレイするとカッコいいこと間違いなしですね。

ぜひチャレンジしてみてください!

 

早くベジータも作らねば。

今日はそんな休日でした、

また。

 

フィギュアライズスタンダード 超サイヤ人4 孫悟空
created by Rinker

 

バンダイ BANDAI アクションベース2 ブラック
created by Rinker

 

「超サイヤ人4 ベジータ」も組み立てました↓

 

フュージョンポーズはこちら↓

 

コメント