フィギュアライズスタンダード【超サイヤ人孫悟空】のプラモデルを組み立ててみた

フィギュアライズ

どーも、さるちーです。

最近の休日はよくプラモを作っていますが、今更ながらFigure-riseStandard(フィギュアライズスタンダード)の「超サイヤ人孫悟空」のプラモデルを組み立ててみました。

発売は2016年7月とずいぶん前のやつです。

これまでドラゴンボールのスタンダードプラモは3体組んだにも関わらず、肝心の孫悟空は持っておらず、こりゃいかんと買った次第です。

2019年7月にパッケージリニューアルしてるようですが、Amazonで頼んだら旧パッケージ版が届きました。

まぁ中身は同じようなのでいいでしょう。

 

ちなみに、説明書による悟空の解説はこのようになっています。

超サイヤ人孫悟空

かつて天下一武道会でピッコロ 大魔王を倒し、地球の危機を救った英雄。牛魔王の娘・チチと結婚して、孫悟飯という子供がいる。実はサイヤ人という戦闘民族の生き残りだということが明らかになった。悪いヤツが大嫌いで、食べることと修行と強い相手と戦うことが大好き。戦いの中で、伝説の戦士・超サイヤ人として目覚めることに。

と、かなり詰め込んだプロフィールです。

まぁ、子供の頃からドラゴンボールは大好きなアニメだったし、かなり出来が良いので、これからコツコツ集めていこうかと思います。

 

そんなわけで早速組み立て開始!

 

フィギュアライズスタンダード「超サイヤ人孫悟空」を組み立てレビュー

開封

4体目にもなるとパーツの少なさにはもう驚かない。

これでクオリティーの高いプラモが完成するんだから、プラモ再入門者には嬉しい限りです。

 

まず、各パーツごとに組み立てていきます。

 

頭の組み立て

パーツ2点は軟質素材の為、フニャフニャしていて形状を整えて組むらしい。

整えてないけど、バッチリ組めた。

 

立派な金髪。

まさしくスーパーサイヤ人の髪ですね。

 

顔の表情は、平常叫びの2種類

 

叫び顔の舌だけ赤のシールで、あとは素組みってのが凄い。

 

ボディーの組み立て

ガンプラとは全く違う構造

 

こんな感じの内部構造なので完成後の可動域が広がる

 

マッスルビルドシステムにより自然な肉体美です

シールでもいいので亀マーク欲しかった。

 

右腕・左腕の組み立て

ここもマッスルビルドシステム搭載

 

ゴツゴツ感はあるが、筋肉の盛りが合わせ目にくるので人間らしい腕になっています。

ハンドパーツは、グー・チョキ・パーの3種類

 

右脚・左脚の組み立て

道着のシワの入りが細かいです。

ここにもマッスルビルドシステム。

 

ブーツの赤ラインのみシールです。

 

腰の組み立て

これだけで

 

こうなる。

 

では、各パーツが揃ったので合体させます。

 

「超サイヤ人孫悟空」完成!

 

「激しい怒りによって目覚めた伝説の戦士…」

 

やはりクオリティーが高い

 

バランスも良く、カッコいい!

 

でもやっぱり亀マーク欲しい…

 

 

付属パーツやエフェクトを使ってのアクションポーズも決まります。

瞬間移動

右手を変えると瞬間移動のポーズ

 

かめはめ波

付属のエフェクトを持たせると、

かーめーはーめー

 

はぁーーー!!

 

と、かめはめ波だって撃てます。

他にも、パンチやキックなど好きなポーズをとらせることができます。

 

まとめ

今回はフィギュアライズスタンダード「超サイヤ人孫悟空」のプラモデルを組み立ててみました!

やはり出来栄えは完璧なようで、可動もばっちり。

好きなアクションポーズをとらせてフィギュアのようにディスプレイできるプラモデル、ぜひ一度組み立ててみてください!

次は誰にしよっかなー。

 

今日はそんな休日でした、

また。

 

 

コメント