フィギュアライズスタンダード【ピッコロ 】を組み立ててみた

フィギュアライズ

どーも、さるちーです。

今回はFigure-riseStandard(フィギュアライズスタンダード)ドラゴンボールZから【ピッコロ 】のプラモデルを組み立てたのでレビューしていきます。

 

フィギュアライズスタンダード「ピッコロ 」のレビュー

2018年4月から発売されていますが、リニューアルパッケージ(2019年5月頃)になってますね。

 

解説はこのようになっています。

ピッコロ大魔王が生み落とした分身。悟空を倒すため、天下一武道会では悟空と死闘を繰り広げたが、ラディッツ戦では悟空と共に闘った。悟飯を修業するうちに悪の心が薄れ、ネイルとの同化や神様との融合の果てに超ナメック星人となり、悟空たちと共に闘い続けた。

 

魔族だったピッコロが仲間になった時は心強かったですね。ピンチの時はピッコロさんがカッコよく登場してたので、割と好きなキャラクターです。

ナメック星人の特徴をどんな風にプラモデル化してるのか楽しみですね。

 

組み立て

開封すると、ランナー10個、組み立て説明書、シールが入っています。

パーツは割と多めで、色分けはされていますね。マントがインパクトあり過ぎです。

 

頭部の組み立て

フェイスパーツは「通常」「叫び」「ターバン通常」の3種類から選べます。

叫び顔の舌のみシールで再現されています。

 

ボディの組み立て

肩はこんな感じで開くようになっています。

やはりマッスルビルドシステムって凄いです。

 

右腕・左腕の組み立て

ナメック星人の特徴的な肌もパーツを重ねていく構造で再現されています。

ハンドパーツは「グー」と「魔貫光殺砲」の2種類。

 

左脚・右脚の組み立て

脚部も関節が細かいし、道着のシワ感もリアルです。

足首から少し見えるナメック星人肌はシールで再現されています。

 

腰部の組み立て

ここはサクッと。

 

それでは各パーツが揃ったので合体させます。特に難しいところもなく組み立ては3時間ぐらいでした。

 

完成

「本当の名も忘れてしまったナメック星人だ」

ナメック星人の肌感やおでこの触覚などリアルに再現していてめちゃくちゃ完成度高いですね!

シール3枚のみの素組みでこれは凄いですね。

 

アクションポーズ

ターバン・マント

「待たせたな」

 

付属品のマント、ターバン頭部を付ければお馴染みのピッコロになります。

マントの肩付近は、ジョイント式で可動するので腕組みポーズも決まります。

カッコいいです!

 

戦闘開始

「俺も本気を出そう」

 

キック

アクションベース(別売り)を使えばポーズの幅が広がります。

 

魔貫光殺砲(溜め)

付属のハンドパーツで必殺技のポーズができます。

 

魔貫光殺砲

付属のエフェクトと台座で魔貫光殺砲が撃てます。

 

可動域が広い

関節の可動域は広く、肩の引き出しやひじ関節の引き出しが可能な上、よく曲がります。

好きなポーズでディスプレイしてみてください。

 

超サイヤ人孫悟飯の頭髪パーツ付き

さらに!!

「立派な魔族にしてやる!」

 

なぜかピッコロの付属品に悟飯の頭髪が入っています。

超サイヤ人2孫悟飯を持っていれば、師弟コンビとして並べることができますね。

 

 

まとめ

今回はフィギュアライズスタンダード【ピッコロ 】のプラモデルを組み立ててみました。

どうなんだ?って思ってましたが、ナメック星人の特徴を見事に再現したプラモデルで凄く気に入りました!

組み立ても簡単でクオリティ高いのでおすすめです。

ぜひチャレンジしてみてください!

 

今日はそんな休日でした、

また。

 

プラモデル【ドラゴンボール フィギュアライズスタンダード ピッコロ】バンダイ
created by Rinker

 

 

コメント