フィギュアライズスタンダード【人造人間18号】を組み立ててみた

フィギュアライズ

どーも、さるちーです。

ドラゴンボールZの人造人間編で登場した「人造人間18号」

可愛いのにめちゃくちゃ強いし、ちょっとツンデレの性格もあり、登場以来人気の女性キャラになりましたね。

 

そんな人造人間17号と18号のプラモデルをセットで買ったので、今回は「18号」を組み立てていきます。

 

フィギュアライズスタンダード「ドラゴンボールZ」

 

「人造人間17号」

「人造人間18号」

 

※今回は人造人間18号のみの紹介になります。

 

人造人間17号はこちら↓

 

フィギュアライズスタンダード【人造人間18号】のレビュー

人造人間18号(Android #18)

2017年4月頃に発売されています。

 

ドクター・ゲロが作り出した人造人間。人間をベースにして永久エネルギー炉を内蔵。エネルギー弾やバリヤーを使用しても消耗しない。わずかに使われている機械部品は緊急停止回路と自爆装置。女性の人造人間で、17号とは双子の姉弟だった。17号よりパワーは抑えているが超サイヤ人ベジータを圧倒する戦闘力を持つ。

と、このような解説になっています。

 

普通の細身女性の体型をので完成はどんな感じなのでしょうか。

 

では早速組み立てていきます!

 

組み立て

開封

ランナー7個、説明書、シールが入っています。

 

頭部の組み立て

パーツリストです

顔の表情は「平常・叫び・見下し」の3種類

目や眉はもちろんシールなし。叫び顔の口のみシールです。

髪パーツが細かく分かれていて、分け目以外にも合わせ目がきます。しっかりとゲート処理をしてハメないと微妙な隙間ができます。

 

さらに、目は6種類のシール付きで表情を変えることもできます。

後で貼ってみます。

 

ボディの組み立て

パーツリストです

人造人間スペシャルパーツとして「自爆装置」が内蔵されていて内部にもこだわっていますね。

アンダーシャツの上にデニムジャケットを着せます。背中のレッドリボン軍のロゴはシールです。

 

右腕・左腕の組み立て

パーツリストです

ハンドパーツは「グー」「パー」と2種類あります。

肩まわりの可動上、ジャケットの袖は腕側に付くようです。

 

右脚・左脚の組み立て

パーツリストです

膝の関節部に使われるジョイントが細い。

めちゃくちゃ曲がります。

 

腰部の組み立て

パーツリストです

ベルト部は「通常」「アクションベース用」と2種類あり、ベルト通し、バックルはシールでの再現になります。

スカートにはゴム素材が使われています。

 

付属品(エフェクト)

・エネルギー波

・台座(エネルギー波)

 

 

では、各パーツが揃ったので合体させます。

 

完成

18号さんです。

うーん。なんか違和感が…

 

顔は似てますが、腕と脚が細すぎて美少女フィギュアみたいなってますね。

 

あと材質違うので仕方ないですが、ジャケットとスカートの色が微妙に違います。

つや消しすると良さそうです。

 

では表情を変えてみましょう!

※ジャケットのボタン(黄色)とボーダーシャツにスミ入れだけしときました

 

顔の表情

通常

叫び

見下し

3種類のフェイスパーツで表情を変えれます。

 

続いて、付属シールを目に貼ってみます。

シールを貼るだけで微妙に違う表情になります。

6パターンあるのでお好みで。

 

最後に稼働チェックも兼ねて、ポーズをさせてみます。

 

アクションポーズ

なんだ、たいしたことないんだね…どっちも。

 

【ジャンプ】

アクションベース(別売り)を使っています。

 

【キック】

スカートはゴム素材の為、邪魔になりません。スリットもいい感じ。

 

【気功波】

 

【見下し・髪かき上げ】

戦闘シーンはもちろん、女性らしい仕草も決まりますね。

 

袖口が邪魔で肩まわりが少し制限ありますが、それなりに可動はできるようです。

 

以上、人造人間18号でした。

 

17号と一緒に

2体揃うといい感じになります。

 

まとめ

今回はフィギュアライズスタンダードのドラゴンボールZから【人造人間18号】を組み立ててみました。

クオリティの高さはもちろんですが、フェイスパーツや目のシールが豊富で、表情を細かく変えることができるプラモになっていました。

17号と並べてみるのもおすすめですよ!

 

ぜひチャレンジしてみてください!

 

今日はそんな休日でした、

また。

 

 

 

 

created by Rinker
BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)

 

コメント